さてさて。
来年はショートロッドが流行ると言って早1年のキタウラ。
EmBZjZ8VgAAar4X (1)
理由は単純に「取り回し」の良さに気が付く人が多くなる年だと思います。
琵琶湖やおかっぱりでロングロッドを使う人が多い中、やっぱりショートロッドが必要な理由としては・・・「手返しの良さやテクニカルなキャスト」が求められるからです。

特にキタウラが言うのは6フィートを切るショートロッドでML~MHのロッドが再度ブレイクするということです。

ウィードホールに対して、ピンポイントにルアーを落とすならMH。
ストラクチャーに対して機敏な動きをさせたいときのM。
指でベールを返すのが面倒な場所での使用を考えたML。

今の琵琶湖は数釣りで楽しもうと思うのでショートロッドのML。
ラインはPE0.6号にリーダーは1号で適当に。

それでダウンショットやスモラバで「コン!」というあたりやのったりするアタリを取るのが楽しい季節です。
そして、リーダーを1.5号に変えればスレッジ、ベビシャ、ハイカットなどのシャッド系プラグが活躍してくれる。
そんな楽しい釣りがショートロッドだからこそできるっていうのは、手返しや取り回しの良さがマジで見られるので、もしよかったら6フィートを切るショートロッドを探して遊んでみて下さい(*'▽')

来年ブームになるころには先駆者になるために。
今年も残り1か月。頑張っていきます(*´▽`*)

En-4oeuVEAAZqXP