お疲れ様です。

今回はあまりに既存メディア(地上波・新聞等)が馬鹿すぎるのでここで新型コロナウイルス感染症 (COVID-19)の費用や保証についてしっかり紹介したいと思います。

なぜ、このような事を思ったかというと、キタウラ自身体調を崩しているのもそうですが、もし感染したら「確実に重症化する」っていう事。後は志村さんの死も大きいです。

まえがきが長くなりましたが、よかったら見ていってください。

【まず感染したかな?っと思ったら】
すぐに保健所に連絡!なんてのはやめましょう()
保健所がパンクします。

内閣府や厚生労働省は下記の内容に該当する場合「帰国者・接触者相談センター」に相談してほしいそうです。

(1)風邪の症状や37.5℃以上の発熱が4日以上続いている。 (解熱剤を飲み続けなければならないときを含みます。)
(2)強いだるさ(倦怠感)や息苦しさ(呼吸困難)がある。 ※ 高齢者や基礎疾患等のある方は、上の状態が2日程度続く場合。

ということです。

熱が出たりしても圧倒的に新型コロナウイルスではないという事が多いとのことなので、しっかり風邪でしんどくても熱を測り、記録を取っておきましょう。

【やべぇ保健所が検査しろと言われた!】
そんな時は安心して保健所に行きましょう。
勿論、交通費は出ませんが検査の費用は無料です(「帰国者・接触者相談センター」に紹介された場合に限ります)

なぜなら、新型コロナウイルス感染症 (COVID-19)は『指定感染症』に指定されており、感染拡大を防ぐために、患者に対し一定期間仕事を休むよう制限が出来たり、検査の費用が無料になります。

つまり・・・
帰国者・接触者相談センターに連絡→保健所の検査が必要な場合は「指定された保健所」に行く
という流れになります。

【入院とかこマ?】
入院をすることになると病院のベット代とかくっそ高そう・・・しかも感染症のベットは間違いなく隔離(個室)だから金額ヤバくね?ってなるかもしれませんが、先ほど述べました「指定感染症」に指定されているので、実は医療費は無料になります。

これは、医療サービスを受けれない人を無くし、感染症の拡大を防ぐためで、お金が無くても治療が受けれますよ!っていう日本の素晴らしいサービスです。

【入院してるときに「退院しても金ないじゃん・・・」って思う人に】
ニートとかはしらん(冷酷)
ただ、パート・アルバイト、派遣、正社員様々な立場で働いている方には死活問題ですよね。
でもこれもなんと補償があるんです。

勿論、企業によって対応は違いますので、まずは自分の働く会社に問い合わせましょう(尚、弊社は満額出してます)。

その中で「休業補償」は出せないことが企業は多い(管理職の立場からすると「え?うちの就業中ならともかく、勝手に外で掛かったんでしょ?」って感じなので、社内で感染していない限り下りない)です。

ただ「傷病手当」は出る可能性は非常に高いです
なぜかというと、国が企業に対し、ちゃんと補償するように指示をしています。

つまり、生産という面で企業は調整が難しくても、個人に対しての保証に関しては最小限の為、企業はどんどん休ませる対応が可能なのです。

具体的に傷病手当は
「支給開始日以前の継続した12カ月間の各月の報酬月額を平均した金額」÷30日×3分の2です。
コロナウイルスに感染していた場合は有無も言わず対象です。

勿論、有給消化をすれば満額受け取る事もできます。

余談ですが、業務中や通勤に起因して発症したと認められる場合は「労災保険給付」の対象になります。

フリーランスの方には下記の補償があります。

イラストレーターや漫画家など、フリーでやっている方にも補償があります。
申請期間がこちらはありますので注意が必要です。

『申請期間 令和2年3月18日~6月30日まで』
正直フリーランスの場合は自己責任が強く今後細かく発表もあるので注視していただければと思います。
「正規雇用・非正規雇用を問わない助成金制度」
又、生活福祉資金貸付制度という実質的に補助金も出ています(無利息、無担保で返済義務がありません。)
詳しい記事を発見したので、フリーランスの方はしっかり一読するといいと思います。
BUSINESS INSIDER様

【更に安心する為に】
実は民間の保険会社と今のうちに契約をするのもいいと思います。
「入院一時金」や「お見舞い金」など、下手をすると普通に働くよりもお金が入ってくる可能性も高くなります。

不安な今、掛け捨て型の保険に契約をしておくと様々なお金が入ってくるので「保険」を掛けておくのも大切だと思います。
勿論、感染してからでは入れないので、健康なうちにしっかり民間保険会社と相談しておくと安心です(最悪の事態になったとしてもお金が下りるのも大きいです)。

そんなわけで。

なんでこんな事を言い出したかと言うと、正直、キタウラ自身はイベントのキャンセルが相次ぎ、本当に在庫を抱えたり、サークル運営費に苦しんでいます。

「名古屋キープキャスト」の中止でいくつかのプロジェクトも休止。
「去年からみんなに安くていいモノを」と思い買ったTシャツやパーカーなどの在庫を丸抱え。
「もう作ってしまったグッツなど」も在庫を丸抱え。
イベント参加費の返金もお願い出来ない。

更には昨今の既存メディアの煽るだけ煽って、こうした事を解り易く話さないことに苛立ちを覚え今回まとめてみました、

本当にここでもお願いしたいのが、サークル運営にご協力いただければと本当にお願いしたく思います。

FANBOX→
https://www.pixiv.net/fanbox/creator/15292404
こちらは直ぐに現金として振り込まれるので、もしよろしければ少しだけでもお力添えいただいけたら幸いです。

通販→
http://kitaurakasumi.blog.jp/archives/81679819.html
TwitterのDMやkitaurakasumi@gmail.comからご注文いただけます。

冬コミはじめ、オリンピックの延期に伴い、本当にサークル運営が最大の危機になってます。
皆様のお力添えを切に、切にお願いいたします。

最後に・・・
manga5.png1