とうとう公開されてしまいましたねぇ・・・

キタウラがよくやる「ワンテンの超高速巻き」。
実はこのフィーリングに入れて食わせるテクニックだったんですが、もう全部言われてます()

とはいえ、この速度感は解らない人も多いと思うのでしっかり説明をしてみようと思います。

これを多用するルアーは「ワンテンjr」「ワンテン(F)」「ワンテンマグナム(F)」になります。
そして、最大の特徴はロッドを立ててやっていました。

イメージは「超高速で巻くと動きが変わる」っていうのが解れば正解なんですが、実際釣りに一緒に行った方はキタウラの超定番。

時期とかよりも正直その時食ってるベイトに合わせて使ってます。
あえて時期を言うのであれば・・・
冬~春→ワンテンjr
春~夏→ワンテン(F)
夏~秋→ワンテンマグナム(F)
っとなってます。
15815082787051291525663520501477

よく「なんでワンテンじゃないといけないの?」って聞かれるんですが、肝はレンジ。
リップが付いているので安定してレンジをトレースできるのが最大の強みです。

更に、琵琶湖などで使うと解るんですが、ウィード周りの釣りで使う際はウィードと水面の間を高速で通す際、任意の「決まった」レンジをひけることが最大限大事でなんです。

理由としては、「この高さのウィードは引っかからないで通せる」という確信を持ちたいのが本当に大事なんです。

竿を横にすれば60cm。立てれば40cm。

それを意識してルアーの動きが破綻する直前の「超タイトなアクション」を探して高速巻きをするんです。

そうすることで上を向いている魚に対し「一瞬だけ見せる」をして、魚を騙すという事を考えて使ってました。

もう一個重要なのは「着水直後に巻くのではなく、着水直前にクラッチを切って全力で巻く」が大事なのです。

理想は「着水直前にもうリールを巻いて水面に激突した際にはもう動きだしの慣性エネルギーが入って動き出している」っていうのが理想です。

そしてもう一個・・・ラインスラッグは限りなく0にするという事です。
そう。まっすぐなんです。

まっすぐ投げて、まっすぐ全力で引く。
簡単なようで滅茶苦茶難しいんです。

動き出しで水面から飛び出る事があるんですが、それもボイルだと思って気にしないで引きまくるのが大事()

素早く探れて、素早くポイントを見切れる切り札でもあります。

デメリットとしては、今主流のエキストラハイギアだとくっそ疲れるってことです。
エキストラハイギアだと疲れる上にルアーの動きが破綻しやすいという絶妙なバランスなんっすよね・・・

個人的に使うとオススメなリールはなんと「モラム3601 ハイスピード」。
最近だとタトゥーラの7:1辺りも使ってます。

あ、あともう一つ。
これなんですが竿も大事でして・・・そう。絶対的にカーボンロッド。

グラスの方が乗るんじゃない?って意見がありそうですが、グラスだとどーしてもルアーの動きを吸収している感じがするんですよね()
カーボンでもレギュラーテーパー寄りの高弾性がイチオシ。

実はこの竿がなかなか無くてオリジナルロッドをルーミスブランクで作ってます。

纏めると・・・
ラインはフロロ(伸びというよりアクション重視での使用)14Lb前後
ロッドはレギュラーテーパー寄りの高弾性(中弾性でも可)
リールは6.3:1~7:1までのベイトリール

とりあえずどこでもいいんですが、同じところに何度も投げる。
岸からなら岸沿いを全力で引く。

巻く時はまっすぐ。
直線を意識して着水直前にロッドを立ててクラッチを切って全力で巻きだす。

これだけ()
なれればきっと大きな魚を連れてきてくれるよ☆

アタリ?使えば解るけど手首持っていかれる衝撃だから気にしなくていいよ()

アイチューンしっかりしようね!
しないとサーフィンのように恐ろしい水面引きになるよ()

(流れに対して上流に投げるといい事あるかもよ)
Dd97tzZU0AEU64j
Dd8mc5aUwAAci8j
どーしても釣れない時はパドスト投げておけばええねん()